マーベル

アベンジャーズ/エンドゲームの特別映像動画が公開!各シーンの考察、解説

ついに、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の新しい動画が公開されました!!

スーパーボウルのハーフタイムショーでお披露目されるなんて、さぞかし会場は盛り上がったでしょうね!

では、早速公開された特別映像から各シーンを切り取って分析していきます!

まずは動画をご覧ください!

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特別映像

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特別映像 分析 各メンバー

冒頭ではアベンジャーズの面々が、モノクロベースの画像で赤色だけがハイライトされて映し出されます。

ワスプ

ニック・フューリー

スパイダーマン

ドクター・ストレンジ

ファルコン

スカーレット・ウィッチ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ブラックパンサー

ウィンター・ソルジャー

ヴィジョン

これらが1、2秒の間で激しく切り替わっていきます。これらのシーンは、過去シーンからの切り取りだと思われます。

そして、マーベルスタジオの綴りの一部が10という数字に置き換えられて赤色でハイライトされています。

くぅ〜!カッコいいですね!!

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特別映像 分析

WHERE DO WE GO, NOW THAT THEY’RE GONE?

我々はどこへ向かうのか?彼らはどこへ行ってしまったのか?

これは世界の人々の心情を表したものでしょうか。

絶望に駆られる人々に対し、まだ諦めていない男がいました・・・・

何かを決意したキャプテンアメリカ

サノスと戦うための作戦を考えているのか、何かの策を打つ決意をしたのか?

二人で何かを作っている?トニー・スタークとネビュラ

やっぱりトニー(アイアンマン)は無事だった!!!

しかも、タイタンで共に生き残ったネビュラと一緒に何かを作っています。

パワードスーツに次ぐ何か武器などを作っているのでしょうか?

何かを見上げる4人 キャプテンアメリカ、ブラックウィドウ、バナー(ハルク)、ローズ大佐(ウォーマシン)

4人が見上げるものは?

新たな武器やメンバーでしょうか?

ここでキャプテンマーベルが来るとか?まだシーンとしては早そうですねw

どこかを尋ねるロケット

地球のどこかだと思われますが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーで唯一生き残ったロケットが一人でどこかを尋ねているようなシーンです。

射撃訓練をするブラックウィドウ

一人、戦いに備えてか射撃訓練をするブラックウィドウ。

スーツを身にまとうアントマンとウォーマシン

室内でスーツを着ている二人。

戦いに向かう直前でしょうか?

何かを手にし、どこかへ旅立つソー

またもやソーがどこかで見たことのない何かを手にしているようなシーンです。

何かと対峙するホークアイ

ローニンとなると噂されているホークアイですが、このシーンでは髪型も変わって矢を背中に抱えています。

再び、ホークアイに戻ったのでしょうか?

シールド(盾)を身につけるキャプテンアメリカ

「キャプテンアメリカ/シビルウォー」で、トニー・スターク(アイアンマン)から「父が作ったシールド(盾)を持つ資格はない」と言い渡され、一度は手放したヴィヴラニウム製のシールド(盾)。

再び手にするということは・・・

日差しの中、旅立つメンバー

おそらく、キャプテンアメリカ、ホークアイ、ブラックウィドウ、ロケット、バナー(ハルク)、ローズ(ウォーマシン)、スコット(アントマン)かと思われます。

最後の戦いへと向かうシーンでしょうか?

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特別映像 分析まとめ

これまで、2つの予告動画が公開されてきましたがまだまだ出てきていないヒーローも数多くいますね。

今回の予告特別映像では、トニーがちゃんと生きていることが再確認できましたw

そして、冒頭のシーンで出てきたそれぞれのメンバーは、サノスの指パッチンこと「The Decimation(ザ・デシメーション・大量殺戮という意味)」で消えてしまったメンバーですね。

彼らを取り戻すために、残されたメンバーが戦う決意を感じる予告動画でしたね。

さらなる予告動画公開が待ち遠しい!!

アベンジャーズ4のタイトルは「アベンジャーズ/エンドゲーム」4月26日公開決定!ついに、アベンジャーズ4の予告トレーラーが公開されました! 2018年4月に公開された「アベンジャーズ/インフィニティウォー」は衝...
【ネタバレ!?】「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、量子世界とタイムトラベルがカギになる先日、公開日と原題が公開され、早くも公開日が待ち遠しい「アベンジャーズ/エンドゲーム」ですが、海外では撮影現場のリーク画像も流れてきてい...

 

 

お読みいただきありがとうございました!