マーベル

アベンジャーズの全メンバーと能力の一覧

2019年公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」の予告も公開され、ますます期待が高まりますね。

新たなキャラクターも登場予定で、これまでのメンバーとの関わりや地球を襲ってくる敵に対してどのような能力を持っているのか注目が集まります!

今回はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズ最初の作品であるアイアンマンから最新作、アベンジャーズ/エンドゲームに向けての復習も兼ねて、映画における各メンバーの能力や特徴についてまとめてみました!

アベンジャーズ

アイアンマン/トニー・スターク

最新鋭のパワードスーツで戦うセレブヒーロー

天才的な頭脳を持つ実業家であり発明家。自ら開発した最新鋭のパワードスーツを装着してアイアンマンとなれば、全身が最強の武器となり、超人的な腕力や音速飛行のパワーを発揮する。手のひらには光学兵器リパルサー・ビーム、胸にはユニ・ビームを搭載。スーツは複数のタイプが存在し、常にグレードアップされている。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アイアンマン
  • アイアンマン2
  • アベンジャーズ
  • アイアンマン3
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

毎回グレードアップするパワードスーツのデザインと機能に注目。

最新作のインフィニティウォーでは、これまでのメカっぽさを一新したナノテクのパワードスーツにさらにパワーアップした。ナノテク化により、既存の装備された武器だけではなくシステムに組み込まれた攻撃や防御も可能となった。

何と言っても、トニー・スタークは生身では他のメンバーや敵に見劣りしてしまう。そのため、スーツをいかに迅速かつスムーズに着脱できるかがポイントとなる。

新作では、無事に地球に戻ってこれるのか?さらにパワーアップしたパワードスーツは出てくるのか?に注目!

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース

永い眠りから覚めた、正義に生きる伝説のソルジャー

小柄で病弱だったが、第二次大戦中の極秘実験で史上最強の兵士へと生まれ変わる。凍った海へ落ち70年近くの間仮死状態の後、発見され蘇る。ヴィブラニウム製の盾(シールド)を防御や武器として使用。極秘実験で超人血清を注入されたため、驚異的な耐久力・腕力・反応速度をそなえ、格闘スキルも高い。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
  • アベンジャーズ
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

キャプテンの名の通り、抜群のリーダーシップで最強メンバーをまとめる。体を張って正義のために戦う姿はまさにみんなのキャプテン。

誰よりも愛国心があり、体が小さく軍で貢献できなかった頃から忠誠心は変わっていない。

戦闘能力としては、他のスーパーヒーローと比べると地味さが否めない。何と言っても、血清によって人間の能力値の限界を超えたキャプテンはあくまで人間の体だからである。

戦闘スタイルも、殴る蹴るが基本で移動はもっぱら走る!空も飛べないし、ビームも出せない、超能力も使えない。そんなキャプテンが驚異の身体能力とヴィブラニウム製の盾で戦うのである。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、ウィンター・ソルジャーと二人でアイアンマンと戦うシーンがあるが、流血しているし、最終的にはスーツの機能を破壊するところまでいっている。

個人的には、トニー・スタークがスパイダーマンのように武器やキャプテン用のスーツを開発してあげてもいいのでは?と思うが・・・

あくまでキャプテンは武器を使わず、盾を使って戦うという生身のスタイルを貫いているんだろう。

ソー/ソー・オーディンソン

雷のパワーを操る破天荒な神様(カミサマ)

神の国アスガルドの王の息子。豪快で大胆、まっすぐな性格。驚異的な腕力と耐久力を持ち、恐るべきパワーを秘めたムジョルニアと呼ばれる、ソーにしか持ち上げられない究極のハンマーで戦うのを得意としていたが、戦いの最中に失ってしまう。絶体絶命の戦いを経て“雷神”としての力が目覚め、雷のパワーを操ることができるようになった。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • マイティ・ソー
  • アベンジャーズ
  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • マイティ・ソー/バトルロイヤル
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

MCU世界観の中心を担っているのがソーのストーリーであると言える。

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」ではハルクと互角に戦い、潜在能力を含めてまだ伸び代がありそうなのがソー、メンバーの中でも最も強いのでは?と思ってしまう。

故郷を失ったアスガルドの王として、人格も成長し続けているソー。ハンマーも復活し、ここからというところでサノスによって人類の半数を失ってしまう。

ハルク/ブルース・バナー

怒りでモンスターに変身する苦悩の天才科学者

トニーも認める天才科学者だが、過去の実験中の事故により、極度の興奮や怒りを感じると凶暴なモンスター、ハルクに変身してしまう。ひとたびハルクになるとコントロール不能に。ハルクにも喜びや悲しみの感情が芽生えつつある。ハルクの武器は、限界を知らぬ超人的な腕力やジャンプ力で、その破壊力は驚異的。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • マイティ・ソー/バトルロイヤル
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

変身してない時は天才科学者ブルース・バナー。生身の人間の時は全く戦力にはならないがその知識で様々な面でトニー・スタークと貢献?している。

なぜか「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の後に宇宙のとある星でハルクの姿のままバトルロイヤルで戦い続けていた。

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」ではソーと喋るようになっており、ブルース・バナーとは別人格ながら「ハルク」としての意思や考えがあることが垣間見える。

以前は怒りの感情をコントロールして、ハルクの姿になることもコントロールできるようになっていたが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、サノスを恐れて変身できずにアイアンマンのスーツ「ヴェロニカ」を着て戦っていた。

再びハルクの姿は見れるのか?ブラック・ウィドウこと、ナターシャとの恋愛はどうなるのかが気になるところ。

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ

スパイとして育てられたクールな美人エージェント

万能な戦闘スキルとタフな精神をそなえた、世界最高のエージェント。過酷な訓練によって育てられた、元KGBのスパイにして超一流の暗殺者。今はそのスキルを平和のために役立てている。高度な格闘技や狙撃の技術を誇り、ずば抜けた身体能力による戦闘やスパイ活動でチームに貢献。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アイアンマン2
  • アベンジャーズ
  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

あまり感情的になることがなく、キャプテンとも信頼関係が築かれている初期からのメンバー。KGBのスパイとして特殊な訓練を受けており、常人離れした戦闘能力、諜報活動、ハッキング能力を持っている。

長距離移動はバイクが多く、身体的には普通の人間のだが、関節技や格闘技で敵を倒す。たまに武器や兵器を使い、敵を動けなくするなど戦い方に工夫がある。

ブルース・バナーとはお互いに好意を持っているものの、いまいち一歩踏み込めない関係が続いている。ハルクに語りかけ、落ち着かせることができる唯一の存在でもある。

ホーク・アイ/クリント・バートン

地上最強の射手。特殊な超能力は持っていないが、史上最高のスナイパーとも言われる神級の弓の使い手。様々な仕掛けを施した矢を状況によって使い分け、正確に放つ。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • マイティ・ソー
  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

特徴

アベンジャーズの中でも一番人間。

しかしながら、様々な機能をもつ矢を使って敵を倒すことができ、接近戦でも戦うことができる。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、ヴィジョンを機能停止にしたりブラックパンサーと接近戦を演じている。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では一切出てこず、先日発表された「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、意味深なシーンがあった。

日本らしき場所で、刀を持ったクリント・バートン

SNSを中心に、これはRONINではないか!?と話題になっています。

ホーク・アイがRONIN(ローニン)に?

参照:http://hero.wikia.com/wiki/Ronin

RONIN(ローニン)とは、コミック原作のキャラクターの一人で日本刀やヌンチャクを使います。

コミック原作では歴代4人のRONINがおり、なんとその2代目RONIN(ローニン)がホーク・アイことクリント・バートンなのです!

これはもう・・・・・

久々の登場でRONIN(ローニン)になり、パワーアップして帰って来た姿も楽しみですね!!

ファルコン

人工の翼を駆使する空飛ぶ戦士

米空軍のパラシュート部隊に属していた元兵士。戦場で友を亡くして退役。同じように過去の友人に強い思いを抱いていたキャプテン・アメリカと知り合い、友人となる。人工の翼で空を飛び、戦闘スキルも高い。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  • アントマン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

元軍人であり、キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースに絶対の信頼を寄せている。人工のハイテクな翼と小型自動飛行機レッドウィングを駆使して戦うことができる。

武器はハンドガンを使っていることが多く、後は空中戦における接近戦を得意としているがパワーや身体能力は超人レベルではないため地味な活躍となることが多い。翼が防弾製で防御力もあるが、翼を封じられてしまうと一気に機動力が落ちる。

ウォーマシン/ジェームズ・ローズ

アイアンマンの親友で軍人

アイアンマンの長きにわたる良き友人で、アメリカ空軍大佐。多くは国防や軍の任務のために出動し、危険な敵との戦いにおいてアイアンマンと運命を共にしてきた。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アイアンマン
  • アイアンマン2
  • アイアンマン3
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

アイアンマンの旧型パワードスーツをベースにしたウォーマシンのスーツ。使用するのが空軍大佐のローズだけあって、重火器やロケットなどの重装備ですごいですね。

ただし、アイアンマンのようなリパルサーレイやユニビームは使えないようです。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、超音波を発生させてスカーレット・ウィッチの動きを封じていました。

見るたびにパワーアップしていくウォーマシンも、アイアンマンのように見ていてカッコいいので注目ですね。

アントマン/スコット・ラング


ツキに見放されたバツイチ、無職の前科者。人生のセカンドチャンスをつかむため、身長1.5㎝のヒーロー、アントマンに。小さくなることで超人的なパワーを発揮。世界を救うなどという野望は抱かず、成り行き上、必要とされたときに戦う、ヒーロー史上、類まれな頼りなさすぎるヒーロー。
自分とは真逆のホープとコンビとなって研究所争奪戦に身を投じる。

キャラクター|アントマン&ワスプ

登場作品

  • アントマン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アントマン&ワスプ

特徴

最小で1.5cm、最大で24mにまで縮小、巨大化する。小さくなっても、力はさほど衰えず、ブラックウィドウの腕を取るなどの活躍を見せていた。

巨大化すると動きは鈍るものの、圧倒的なパワーでアイアンマン、ウォーマシン、スパイダーマンの3人がかりでようやく動きを封じたほど。

スコットのキャラクターは、他のメンバーにはない陽気なキャラなのでメリハリにいい感じですね。「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、ピム博士やワスプも出演するのか?

ファンの予想によると、「アントマン&ワスプ」にて取り上げられた量子世界の概念が鍵となるのでは?という話もあります。「アベンジャーズ/エンドゲーム」ではきっと活躍してくれることでしょう!!ブラックパンサー/ティ・チャラ

ヒーローの顔をあわせもつミステリアスな国王

アフリカのワカンダ王国の王にして、漆黒のヒーロー、ブラックパンサーでもあるという2つの顔を持つ。超人的な戦士。高い知能と身体能力をそなえる。超金属ヴィブラニウム製の漆黒のスーツは戦闘モードになると自動装着され、全ての衝撃を吸収して攻撃に変換。手にはヴィブラニウム・クロウが備わり、どんなものでも破壊できる。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • ブラックパンサー
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

ヴィブラニウムで覆われたまさに黒豹思わせるカッコいいスーツに、ワカンダ王国の秘薬とも言えるハーブの力で得た能力を使って戦う国王であり戦士。

驚異の身体能力と、妹シュリの天才的な技術力で新たな兵器も期待できる!?

これまではあくまで接近戦の格闘技術がメインであったが、アベンジャーズの中でもまだ出演作品が少ないので、潜在能力が計り知れない。

ヴィジョン

ピュアで気高き精神を持つ人造人間

アイアンマンをサポートする人工知能ジャーヴィスと、ソーの弟・ロキの杖の先に隠されていたマインド・ストーンと、ウルトロンが準備していた究極の人造ボディが融合し生まれた人造人間。ピュアで気高き精神の持ち主であり、ソーしか持ち上げられない武器・ムジョルニアを持ち上げられる。超人的な身体能力と、様々な攻撃力を備える。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

マインドストーンと人工知能、ヴィブラニウムを使った人造人間と最強の組み合わせのように感じるが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ではサノスにインフィニティ・ストーンを額から奪われてしまう。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、ホーク・アイの矢で動きを封じられてしまったり、スカーレット・ウィッチの超能力で吹き飛ばされたりと意外とまだ強さはさほど感じられない。

巨大化したアントマンの体をすり抜けたりと、使い方次第では無敵そうなのに・・・能力の使い方が下手なだけなのか?

ソーしか持てないはずのハンマーを持ったりと、ポテンシャルは高そうだがまだ発揮されていない印象。戦い方をまだ覚えてないだけなのか、そもそもあまり好戦的ではなく、戦いたくないのか。

スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ

パワフルな超能力者

悪の組織の人体実験によって生み出された超人でありながら、自分の能力の大きさに戸惑う一面も。テレキネシス能力と心理操作の力をあわせ持つ。この特殊能力は、感情の強さに比例して強大になり、時にハルク並みの破壊力を発揮する。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

ヒドラの人体実験によって作られた超人で、サイコキネシスと人の心理を操作する能力を持っている。

原作コミックでは、マーベル最強なのでは?と言われるほどのキャラクターだが、映画では幼さゆえにメンタルからくる不安定さが彼女の強さを半減させているように感じる。

爆弾の爆発をサイコキネシスで封じ込めたり、自分も空を飛んだりとスイッチが入ると、最強かも・・・

しかも、演じているのがフルハウスの赤ちゃん役で一斉を風靡したオルセン姉妹の一人、エリザベス・オルセン!懐かしい人も多いのでは?

大きくなったなーw

クイック・シルバー/ピエトロ=マキシモフ

ワンダとともに、ヒドラ党の人体実験によってスーパーパワーを得た。ピエトロは、弾丸に匹敵する超高速で動くことが出来る身体能力を持ち、ホークアイの放つ矢ですらかわすことができる。

キャラクター|アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

登場作品

  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

特徴

超高速で動くにも関わらず、最終的にはバトル中に人をかばって銃弾に倒れる。生き残ったスカーレット・ウィッチとに引き換え、あっさりと死んでしまった印象。

防弾チョッキくらいあげておけばよかったのに・・・

DCコミックスのフラッシュと被るわりに、特徴がないからだろうか。可哀想な役柄だったなと感じてしまう。

ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ

外科医の経歴を持つ、上から目線の最強魔術師

悲劇的な事故により、“神の手”とまで呼ばれた両手の機能を失ってしまった元天才外科医。厳しい修行の末に魔術師として生まれ変わり、“人類を守る”という運命に生きる。修行で身に着けた瞬間移動や時間を操る能力に加え、戦う相手によって的確に戦術を導き出す知性が強み。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ドクター・ストレンジ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジ、独特の空気感でハマり役ではないでしょうか?

魔術を使うという他のキャラクターにはない特殊能力があります。

さらに、インフィニティストーンの1つタイムストーンを持っていたためタイムトラベルも可能。戦術を立てる上では最強のメンバーです。

インフィニティウォーでドクター・ストレンジは、「タイムストーンを使って1400万通りの未来を見通し、サノスに勝てる方法は1つだけだ」と言い切っていました。

このセリフが全てを物語っているはず。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」で最終的にサノスに勝った時に、「俺の言った通りだっただろ?」というようなセリフがあるのか?ここにも注目ですね。

スパイダーマン/ピーター・パーカー

アイアンマンに憧れる、やんちゃな高校生ヒーロー

特殊なクモに噛まれてパワーを得る。素顔はフツーの高校生。アイアンマンに誘われ参戦したアベンジャーズの一員になる夢を抱く。超人的な反射神経やジャンプ力、筋力を誇り、高い壁や天井に吸着することが可能。手首のウェブ・シューターから発射される強力なクモの糸を駆使して敵を捕らえ、ビル街の宙を飛ぶように移動することができる。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • スパイダーマン/ホームカミング
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

早くもスパイダーマン単体の続編が決定するなど、もはや「アベンジャーズ/エンドゲーム」で生き返ることが確定していると言ってもいい唯一のキャラかもしれませんね。

過去にもスパイダーマンシリーズは配給会社、権利関係の問題や興行成績の問題でリメイクされて来ました。

こんなに短期間で映画になるキャラクターも珍しいですよね。それだけ人気があるということでもあるのでしょう。

MCUでのスパイダーマンは、15歳の設定としてはちょっと無理がありますが・・・トム・ホランドは子供っぽいいいキャラクターを演じてくれていると思います。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、アイアンマンの腕に抱かれながら「死にたくない」と言ったりと、まだ子供ながら能力があるためにヒーロー活動に参加させるべきか悩んでいたトニー・スタークにショックを与える役割としては十分だったのではないでしょうか?

トニー・スタークが与えたナノテクを搭載したスパイダースーツは、ある意味アインマンよりも高性能な気もしますが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」での活躍も期待しましょう。

キャプテン・マーベル/

過去の記憶を失った、謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”を演じるのは、2015年『ルーム』でアカデミー賞®主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン

マーベル史上最強とも言われる力を持ちながらも、本当の自分を探し求め、失われた記憶の秘密を解き明かす戦いに身を投じていく複雑なキャラクターを、どう演じるのか注目されています。

その他、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開も控えるジュード・ロウ、「アベンジャーズ」シリーズのサミュエル・L.ジャクソンら豪華キャスト陣も集結。そしてマーベル初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、彼女とタッグを組む監督ライアン・フレックが、ミステリアスな女性ヒーローの誕生譚を豊かな人間ドラマとスリリングなアクションと共に描き出します。誰が敵か、何が真実かー予測不能のサスペンスフル・アクション・エンターテインメントが始まります!

「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超える、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』。マーベル初の女性ヒーロー単独主役である本作の主人公は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー。彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクション・エンターテイメントが幕を開ける! アベンジャーズ誕生のきっかけとなる、ヒーローの始まりが今明かされる。

舞台は1995年。アベンジャーズが結成される以前の物語――。
ロサンゼルスのビデオショップに空から降ってきた謎の女性。驚異的なチカラをもつ彼女は、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに常に悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵…。キャプテン・マーベルはやがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かっていく!彼女の記憶に隠された秘密とは? 彼女は一体、何者なのか?真実が明らかになるとき、すべてが覆るー。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

スター・ロード/ピーター・クイル

地球生まれ銀河育ちのノリノリな賞金稼ぎ

幼少期に地球からさらわれてきた過去を持つ。銀河を荒らしまわるトレジャー・ハンターとしてつちかった度胸で、銀河一の落ちこぼれチーム“ガーディアンズ”のリーダーとなり銀河を守る。底抜けに明るく、うぬぼれ度も満点。敵を出し抜く悪知恵と行動力、高い身体能力もさることながら、最大の武器はチームワーク。ガモーラに好意を抱いている。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

マイペースで自分勝手、宇宙でソーと出会うがこのあと地球でどのように関わっていくのか?

宇宙でアイアンマンと互角の戦いをしたり、サノスと対峙した時の戦闘能力など計り知れない戦闘力を持っていると思われます。

ガモーラ

運命と闘う“ツンデレ”暗殺者

“ガーディアンズ”のメンバー。サノスの養女として殺人兵器になるべく育てられたが、運命に抗い、仲間のために生きる。ツンデレな態度が魅力。スター・ロードは気になる存在だが、素直になれない。高度な格闘能力が武器。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

サノスの養女として育てられた暗殺者。ブラックウィドウとはまた一線を画した宇宙の暗殺者だが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、サノスに崖から突き落とされた。はたして「アベンジャーズ/エンドゲーム」では復活するのか?

サノスが最終的に死ぬのであれば、娘であるガモーラはどのような場面でそれを眺めるのか?

ロケット

高度な知能の毒舌凶暴アライグマ

“ガーディアンズ”のメンバー。遺伝子改造が施された高度な知能を持っているアライグマ。可愛らしい外見とは裏腹に、怒ると銃をぶっ放す超過激な無法者。武器製造のエキスパートで、特技はオリジナルの武器の製作。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

体が小さく、いつもデカ目の武器を持っている。ワカンダ王国での戦いも銃を使ってのものだった。

見た目とは違って凶悪で頭も切れるので、活躍の場も多い?

グルート

怒ると制御不能のキュートな“木”

“ガーディアンズ”のメンバー。かつて大人の“木”だった時、自らを犠牲にして仲間を守った。その後、残った枝の挿し木から幼い“木”となり、今、少年の“木”にまで成長。ひとたび怒ると制御不能な戦闘能力が覚醒し、伸縮自在の枝を使って暴れまわる。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

なんとも形容しがたい存在のグルート。「Im groot」としか喋らずとも、ソーやロケット達とは意思疎通ができている。

声優がワイルド・スピードシリーズのヴィン・ディーゼルというのも面白いw

ソーの新たな斧を作る際には、持ち手がなかったために自分の腕を使うなど要所要所で大事な役割を担っている。

ドラックス

マッチョな破壊王

“ガーディアンズ”のメンバー。野獣のような強靭な肉体と力を持つ荒くれ者。見た目とは正反対の天然過ぎる言動は、時に仲間との絆を繋ぐことも。どんな敵にも怯むことなく突き進む、圧倒的なパワーによる戦闘が得意。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

ガーディアンズメンバーは、強さの測り方がいまいち難しい。特にこのドラックスは強いのか弱いのかがよくわからない・・・

しかし、自分の家族をサノスに殺され、サノスを殺そうとしているためそれなりの強さはあると思われる。

公式プロフィールにも圧倒的なパワーと書いてあるが、ハルクやソーと比べてパワーも引けを取らないのか???というのは謎。

マンティス

心が読める不思議ちゃん

“ガーディアンズ”のメンバー。人との接し方がわからない不思議ちゃんだが、“ガーディアンズ”には心を開き仲間に。頭には触覚。相手に触れただけで感情を読み取る能力を持ち、さらに相手の感情をコントロールする力がある。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

戦闘能力はほぼゼロだろう。スカーレットウィッチのように、マインドコントロールをうまく使って相手を翻弄することができる。

天然キャラの完全に癒し系w

死なないでね。

ネビュラ

こじらせ女子の過激な暗殺者

ガモーラの妹。姉と共にサノスの養女として殺人兵器になるべく育てられる過程で、身体の大半を機械にされた。壮絶な戦いを経て“ガーディアンズ”の仲間に。過激な戦闘能力を誇る。

キャラクター|アベンジャーズ・インフィニティウォー

登場作品

  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

特徴

ガモーラの妹であり、同じく暗殺を生業としている殺人兵器。

コミック原作ではサノスを殺すにはネビュラが大きく関わっているため、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でも大きな役割を果たすのではないか?と噂されている。

 

 

 

2019年以降はデッドプールとX-MENも加入する!?